サイト選びは雰囲気を重視する

 出会い系サイトやカカオトーク掲示板を選ぶ際は、出来るだけ雰囲気を重視しましょう。
 ポイントは、女性の目線をもつことです。「このサイトの雰囲気を、女性はどう思うだろうか?」「登録を検討するだろうか?」という具合に考察すると、そのサイトの本質が見えてきます。
 いやらしい写真画像が至る所に掲載されたサイトを、女性はどう思うでしょうか。言うまでもなく、女性は嫌悪感を持ちページを閉じます。登録など、するはずがありません。
 男性が興奮する・期待が出来ると感じるサイトは、大抵は悪徳業者による運営であり、金銭搾取を目的とします。女性会員に見えるのはすべてサクラであり、交流は出来てもセックスは出来ません。
 優良な出会い系サイト・カカオトーク掲示板は、女性が見ても“良い”と感じる雰囲気になっています。また“出会い”や“セックス”を連想させる要素は少なく、ごく普通のSNSにしか見えません。また利用規約など会員にとって必要な情報が明確化されており、サポートも充実しています。
 コンテンツの有料・無料いずれを利用するかは人それぞれですが、より高い成功率を求めるのであれば有料コンテンツを推奨します。何故なら、無料コンテンツは気軽に登録できる分だけライバルが多いためです。
 なお昨今の会員男女比率は、有料コンテンツが7:3程度、無料コンテンツは8:2〜9:1程度と推測されます。

セフレ獲得に長期戦は向かない

 出会い系サイトやカカオトーク掲示板を活用する場合は、メールをはじめメッセージでの交流が基本になります。チャットツールを除きレスポンスにはタイムラグが発生するため、ゴールまでにはそれなりに時間が掛かると覚悟しておきましょう。
 しかし、一か月以上も進展がみられない場合は考え物です。相手は本当にその気(セックスフレンドになるつもり)なのか、今一度じっくり観察したほうが賢明でしょう。
 その気が見られない、もしくは希薄であれば、交流を続ける必要はありません。早々に見切りをつけ、いちから相手を探し直しましょう。交流期間を考えると勿体ないようにも思えますが、成果を期待できない交流を継続するなど、時間の無駄です。ここは、思い切りが大切です。
 なお、ひとりの相手に絞って交流をする必要はありません。複数人と並行して交流する余裕があるなら、率先して関係を得ましょう。
 この際の人数は、そのまま保険の数になります。Aと交流が途絶えても、Bと並行して交流していれば、一から相手を探し直す手間が掛かりません。
 当然ですが、人数が増えるほど手間は増えます。はじめは2〜3人程度の、負担を感じにくい数に留めたほうが無難でしょう。この辺りは、よくよく自身と相談してください。

ブログが秘める可能性

 出会い系サイトやカカオトーク掲示板で成果を得られない場合は、思い切って退会することも一つの選択肢です。その上で、自ら舞台を用意して活動することを推奨します。
 ここでいう舞台とは、ブログをはじめとする個人の情報配信ツールを指します。使用するものは何でも構いませんが、『閲覧者を集めやすい』もの且つ『自分でモチベーションを維持出来る』ものを選ぶことが大切です。
 一押しは『ブログ』です。毎日、何度も更新する必要はありません。一日一記事でも、一定のペースで更新し続けることに意味があります。何故なら閲覧者は、更新の頻度を評価する際に“連続した回数”ではなく“一定のペース”を重視する傾向があるためです。
 何を綴るかは人それぞれですが、セックスフレンド探しに利用する場合は『人柄』や『価値観』を含めた内容がおすすめです。つまるところ、交流に必要な情報を配信するわけです。
 同時に、アクセス数を伸ばすことが大切です。他ユーザーのブログにコメントをする・ランキングに参加するなど、ブログをアピールする手段は多々あります。
 またメル友募集サイトを活用し、交流を持った人をブログに誘導することも一つの手です。気になる異性には、あらゆる手段でアプローチしましょう。セックスフレンド獲得の成否は、こうした手間に掛かっています。

プロフィールページで成否は決まる

 出会い系サイトやカカオトーク掲示板を活用する際、絶対に忘れてはならないのが『プロフィールページ』の設定です。会員登録後の初期設定では、ハンドルネームや性別など最低限の情報しか記載されません。そのため会員登録が完了した後、速やかに再設定することを推奨します。
 いずれのサイトにとっても、プロフィールページは重要なアピールツールです。何故なら、メッセージを受け取った相手は必ずといっていいほどプロフィールページにアクセスします。そこで、どういった人物なのか必要な情報を得て、興味が持てた場合にのみ返信をくれます。
 プロフィールページの情報が少なければ、それだけ相手の興味は薄れます。好感など、持ってもらえるわけがありません。思うように返信を得られず悩んでいる人は大抵、プロフィールページに原因があります。
 また一見すると充実しているようでも『高圧的な態度』や『絶対的な価値観』をはじめ、交流の弊害になる要素が滲み出ている場合も返信には繋がりません。女性は感受性が強いため、この辺りを鋭く見抜きます。
 当然ながら、嘘はいけません。交流が続けば、いつか嘘だと判明します。しかし“多少”見栄を張る程度は問題ありません。貫き通す自信があるなら、ひとつの手として活用できます。

交流の最低条件は『信頼』

 セックスフレンドを獲得したいのであれば、何よりも『信頼』を大切にしましょう。いかなる時も相手の立場を考える姿勢を貫けば、自然と関係は上手くいきます。
 セックスフレンドを希望する女性は、様々な事情を抱えています。純粋に性欲を満たしたい人だけでなく、恋人・夫との性癖不一致やレスに悩み、やむなく外注を希望する人も珍しくありません。
 そのため女性は、こちらに対し『信頼』を求めます。複雑な事情に触れることなく、誠実に向き合ってくれる。求められるのは、そのような人物像です。
 特に重要なのは、メッセージ交流の初期です。一方的にアピールすることも、不安を煽ることもせず、誠実さを貫きましょう。返信が遅くても催促してはいけません。相手のペースに合わせ、焦らず交流を続けましょう。
 セックスフレンド獲得に伴う交流期間は、1週間〜2週間程度が目安とされます。しかし逃したくない相手であれば、それ以上の期間を掛けても問題ありません。強固な信頼を築くことが出来れば、関係は自然と長期化します。つまり、交流に掛ける期間は一種の“投資”なわけです。
 しかし長期間のメッセージ交流=成功率が高いわけではないため、ほかの女性とも並行して交流する(保険を用意しておく)ことを推奨します。

交渉にはチャットが便利

 セックスフレンドとの交渉には、チャットをはじめリアルタイムでやり取りが出来るツールが便利です。
 出会い系サイトやカカオトーク掲示板の中には、チャットを提供するところもあります。しかし有料ツールとして扱われてるケースも多いため、利用前には必ずサービス情報を確認して下さい。
 有料ツールは利用したくない場合には、いずれのサイト以外が提供するチャットを検討しましょう。すでにメッセージ交流をしている相手に限定されますが、0円でチャットが利用できる他サイト(サービス)に誘導することも、ひとつの手です。
 またスカイプをはじめ、各種の通話ツールを利用する選択肢もあります。この場合もメッセージ交流をしている相手に限定されますが、お互いにIDを交換すればいつでも楽しめます。
 しかしながら、チャットを利用すれば交渉が上手くいくという話ではありません。交渉を成立させるには、それなりの経験と話術が求められます。
 また、ブラインドタッチの速度も重要です。発言(文字入力)に戸惑い、相手を待たせるようではチャットの利点を生かせません。ブラインドタッチに自信がない場合は、費用は掛かりますがテレクラなど音声通話が可能なサービスの利用もご検討下さい。

優良サイトは『運営実績』から探す

 セックスフレンドを探す際には、SNS系のサービス活用が基本です。しかし、出会い系サイトなりカカオトーク掲示板なりを活用する際は、一点だけ注意するべきことがあります。
 それは、運営の実態です。出会い系サイトやカカオトーク掲示板の中には、看板だけが立派で中身が存在しない“張りぼて”のようなところも存在します。
 これらを運営する者の目的は、ずばり金銭搾取です。サクラを使い、あたかも出会えるように期待させてサービス利用料を落とさせる……手口は非常に単純ですが、引っかかる人は後を絶ちません。また昨今も相変わらず、ワンクリック詐欺をはじめシステムを悪用した金銭搾取も横行しています。
 しかし、いずれにせよ関わらなければ被害を心配する必要はありません。そのため、活用するサイトを選ぶ段階で細心の注意を払うことが大切です。
 優良サイトか悪徳サイトか否かは『運営実績』から探ることが出来ます。しかしインターネット上の情報はいくらでも偽装可能のため、複数の情報源からの調査が必須です。特に、口コミ情報を参考にする際は注意しましょう。
 この点を面倒に感じる場合は、週刊誌などアナログ媒体に広告を掲載しているサイトを選ぶことをお勧めします。広告を出す=一定の利益が出ている=会員数が確か、と判断できるためです。

出会い系・セフレサイト以外の方法

 セックスフレンドを獲得するために、出会い系サイトやカカオトーク掲示板に登録をする人は多いです。しかし、昨今はいずれのサイトも飽和状態であり、成果を得るためには努力に加え“運”も必要です。
 運に左右されない方法でセックスフレンドを獲得したい場合は、別の土俵で勝負しましょう。一押しは、ごく一般的な『ブログ』ツールです。
 自分でサーバーを借りて設置しても構いませんし、既存のサービスを活用しても構いません。使いやすい=モチベーションを維持しやすいものを選びましょう。
 ブログのアクセス数は更新頻度で決まるため、一定のペースで更新し続けることが前提になります。面倒くさがりの人は、週末にまとめて記事を作成して、投稿予約ツールで決まった日時にアップされるように設定することをおすすめします。こうすれば、あたかも毎日更新しているかのように偽装が可能です。
 記事の内容は自由です。しかしセックスフレンド目的であれば『セックス』『性癖』『経験』など、相手が求める情報を率先して配信しましょう。また同様のブログを更新するユーザーに接触し、交流を持つことが重要になります。
 ブログでのセックスフレンド獲得は、非常に地味な努力が求められます。しかし続けた分だけ何かしらの成果を獲得できるため、運によりすべてが無駄になることはありません。ブログは、実に堅実な手段なのです。

有料サイトは上級者向け

 出会い系サイトおよびカカオトーク掲示板には、有料コンテンツも存在します。しかし、初心者の利用は非推奨です。何故なら『有料=成果保証』ではなく、その上で癖のあるシステムを採用する運営が多いためです。
 有料コンテンツは、利用した分だけ料金を支払うシステムです。仮に、メッセージの送受信一回に5ポイント(1ポイント10円換算=50円)掛かるとしましょう。
 会員と日に10回メッセージをやり取りした場合は、送信10回で50ポイント(500円)、受信10回で50ポイント(500円)で、一日の出費合計は1,000円です。この交流が一か月(30日)続いた場合は、30,000円の出費になります。
 もちろん成果の保証はありません。相手が飽きれば、それまでです。それまでに支払った料金は、すべて“無駄”になります。
 恐ろしいのは、有料コンテンツには多数のサクラ(やらせ会員)が存在する点です。相手が本物の会員か見分ける術がなければ、延々と騙され続け、搾取されることになります。そのため有料コンテンツは、経験を持たない初心者には向かないのです。
 正直なところ、有料コンテンツも無料コンテンツも会員の男女比率に大差ありません。機能性も殆ど変りません。初心者も上級者も、セックスフレンドを獲得したい人はまず無料コンテンツを利用することを推奨します。

有料サイト=お金の無駄ではない

 セックスフレンドを獲得したいのであれば、出会い系サイトをはじめ有料コンテンツの利用も視野に入れることをおすすめします。
 無料と有料いずれかを選べる場合、大半の人は損得勘定をして『無料』を選択します。しかし、無料コンテンツは本当に得なのか、今一度考えてみましょう。
 無料コンテンツであれば確かにお金は掛かりません。実費は、通信費のみです。しかし、成果の面ではどうでしょう。大半の人が同じ損得勘定をして無料コンテンツを選択し、少ない女性会員を奪い合う。セックスフレンドを獲得出来ない訳ではありませんが、運の要素が大きすぎます。
 無料コンテンツ会員の男女比率は、良いところで8:2、なかには9:1のところも珍しくありません。男性一万人に対し、女性千人……これはもう、ちょっとした宝くじの世界です。
 これに対し、有料コンテンツはどうでしょう。金銭だけで損得勘定をしない広い視野を持つ会員が集っており、なお且つ運営が男女比率の改善に心血を注いでいます。比率は悪くても7:3、優れるところは6:4の場合もありあす。
 つまるところ有料コンテンツを選択することは、お金を出して可能性を買うことを意味します。セックスフレンド獲得に、出来るだけ手間は省きたい・より可能性が高い出会いを得たい人は、一度利用してみるとよいでしょう。

現代の『出会い探し』はネットが基本

 インターネットが普及した昨今は、あらゆる事柄の利便性が向上しています。それは『出会い探し』も同様です。現代では、出会い系サイトやカカオトーク掲示板をはじめ、誰もが気軽に出会いを探せるようになりました。
 またインターネットの普及と共に、携帯電話やスマートフォンも広く普及するようになりました。これら端末の利点は、持ち運びに優れることです。
 かつては通信速度の遅延をはじめインターネットを楽しむための弊害が存在しましたが、昨今は殆ど解消されています。さらに費用の面も改善され、接続時間を気にする必要もなくなりました。
 こうして出会い探しの環境が整った現代では、インターネットで知り合い交流を持つことが“自然”になりました。“怪しげ”だの“危険”だの囃された過去は、微塵も感じられません。
 なかには、セックスだけを目的とした関係を求め、インターネットでパートナーを探す人も珍しくありません。これは、完全匿名で利用できるメリットを最大限に活かした楽しみ方だといえます。
 当然ながら、出会い探しをする人のすべてが善人とは言い切れません。インターネットで出会いを探すのであれば、悪意を持つ人間を見破る術を持ちましょう。怪しげな、やたら都合が良い相手には、近づかないことが賢明です。